他職種連携と多職種連携の違い

鍼灸師が知っておきたい医療知識:他(多)職種連携

医療現場や介護現場では、様々な専門職が協力して患者や利用者のケアを行います。この協力体制には「他職種連携」と「多職種連携」の二つの概念があります。専門書によっても解説が異なりますが、一般的な概念を解説します。

他職種連携とは

他職種連携(たしょくしゅれんけい)は、異なる職種間での協力を指します。例えば、医師、看護師、助産師、鍼灸師、柔道整復師、理学療法士、作業療法士などがそれぞれの専門知識を持ち寄り、患者のケアにあたることを意味します。

  • 専門性の発揮: 各専門職が自身の専門知識や技術を最大限に発揮し、患者に最適なケアを提供します。
  • 役割分担: 各職種が明確な役割を持ち、その範囲で責任を持って業務を遂行します。
  • 情報共有: 患者情報やケアプランを共有し、チーム全体で一貫したケアを提供します。

多職種連携とは

多職種連携(たしょくしゅれんけい)は、他職種連携よりもさらに広範な連携を指します。多職種連携では、医療や介護の枠を超えた幅広い職種間での協力が行われます。例えば、福祉職、行政職、教育職なども含まれます。

  • 包括的なケア: 医療だけでなく、福祉や教育、行政など、多方面からのアプローチで包括的なケアを提供します。
  • チームワークの強化: 異なる分野の専門職が協力し合い、チーム全体としてのケアの質を向上させます。
  • 幅広い視点: 多職種の連携により、多角的な視点で患者や利用者のニーズを把握し、適切な支援を行います。

他職種連携と多職種連携の違い

  • 連携の範囲: 他職種連携は主に医療・介護分野内での協力を指し、多職種連携はこれに加えて福祉、教育、行政などの他分野との協力も含まれます。
  • 目的とアプローチ: 他職種連携は専門性を活かしたケアの提供を重視し、多職種連携は包括的なケアと多面的なアプローチを重視します。
  • チーム構成: 他職種連携は主に医療・介護の専門職で構成されるチームであり、多職種連携はそれに福祉職、教育職、行政職などが加わります。

他職種連携と多職種連携は、どちらも患者や利用者に対して質の高いケアを提供するための重要な概念ですが、連携の範囲や目的に違いがあります。これらを鍼灸師が理解することで、他の医療職との適切な連携体制を築くことが、患者さんへのより良いケアの提供につながります。

関連記事:鍼灸師と助産師の他職種連携は可能か?

日本鍼灸大学セミナーのお知らせ

鍼灸柔整キャリアラボへのリンク

この記事を書いた人

アバター

日本鍼灸大学

日本鍼灸大学は「世間と鍼灸を学問する」をコンセプトに有志の鍼灸師とセイリン株式会社が立ち上げたWebとYouTubeチャンネルです。普段、世間話と鍼灸学のお話しを井戸端会議的に気軽に楽しめる内容に仕立て日本鍼灸の奥深さを鍼灸学生に向けて提供します。
※当サイトは学校教育法に則った大学施設ではありません。文部科学省の指導の元、名称を使用しています。

2023年より鍼灸柔整キャリアラボを試験的にスタート!鍼灸柔整キャリアラボは『詳細はこちら』ボタンからアクセス。