世間と鍼灸を
学問する
日本鍼灸大学(仮

ABOUT

日本鍼灸大学(仮)
とは

日本鍼灸大学(仮)は「世間と鍼灸を学問する」をコンセプトに有志の鍼灸師とセイリン株式会社が立ち上げたWebとYouTubeチャンネルです。普段、世間話と鍼灸学のお話しを井戸端会議的に気軽に楽しめる内容に仕立て日本鍼灸の奥深さを鍼灸学生に向けて提供します。
※当サイトは学校教育法に則った大学施設ではありません。文部科学省の指導の元、名称を使用しています。

STORY

日本鍼灸のお話

鍼灸とは

鍼灸は、陰陽五行などの東洋思想をベースに発達した医学である東洋医学の代表格です。東洋医学には、鍼灸以外に、漢方・あん摩マッサージ指圧などがあります。超高齢化やストレスの多い現代の社会問題を背景に古くて新しい医学・医療として非常に注目されております。日本・中国・韓国・ベトナムなどのアジア圏だけではなく欧米などでも活用されております。近年では、医学部や鍼灸系大学や研究所で難病への効果や、そのエビデンス・メカニズムの研究が進められています。

鍼灸の起源は?

鍼灸の起源は石器時代の中国にあります。日本に伝わったのは奈良時代。中国の僧侶が仏典とともに鍼灸の医学書を携えてやってきたとされています。その中で丹波康頼により記載された医心方(国宝、御室仁和寺所蔵)は現存する最古の医学書です。平安から室町時代にかけて、鍼灸や漢方が日本社会に定着し、江戸時代に入ると、鎖国の影響もあり、鍼灸は日本の伝統医学として独自の進化を遂げていきました。その後、医学界に大きな影響をもたらした『解体新書』が登場し、明治になると政府の西洋化政策によって、西洋医学が台頭しました。一時は廃止論なども出ましたが鍼灸はその効果から、民間からの強い支持を得て、現在では不定愁訴や慢性疼痛などに対して再認識され、多くの国で注目がされております。また、日本国内でも見直され、全国の医学部や大学附属病院などでも日本鍼灸は臨床研究や診療、治療に用いられております。

国家資格はり師・きゆう師の資格について

はり師・きゆう師はあん摩マッサージ指圧師と共に厚生労働大臣指定登録機関である東洋療法研修試験財団(理事長:奈良信雄、常務理事:坂本歩)により年1回(例年2月末)行われる試験に合格した者に与えられる資格です。一般的に鍼灸師と呼称されますが、正式には、はり師ときゆう師の2つの資格からなります。受験資格としては、大学にて4年間・専門学校にて3年間・盲学校などの理療科の履修・卒業見込みの者に受験資格が与えられます。また、例外として明治鍼灸大学(現:明治国際医療大学)のみ在学中の3年時に受験資格が与えられます。

日本鍼灸の鍼術灸術の特徴と杉山和一

日本鍼灸は伝来依頼、世界で唯一歴史が途絶える事なく今日まで続く伝統医学です。

鍼術

毛よりも細いステンレス製の鍼を使用します。現在、日本では、主に直径0.10~0.20mm程度の鍼を好む鍼灸師が多いです。日本鍼灸の最大の特徴は、鍼を刺入時に鍼管と呼ばれる筒を用いて行う管鍼法という方法を用いる事です。この管鍼法を広めたのが杉山和一(1610〜94)が広め日本鍼灸に影響を与えたといわれています。1674年(延宝4年)に発刊された「鍼灸抜粋」に紹介されており広く行われていたと思われる。
入江流の書に記載があるが創設者についての記載はない。一説には、杉山和一が江ノ島で断食修行をしていた際に石に転んだ際に松葉が竹管に入っていたところから思いついたといわれている。
管鍼法以外にも、撚鍼法や打鍼法など鍼管を使わない方法があります。
ちなみに、英語では鍼管の事をGuide tube(ガイドチューブ)と呼ぶ事があります。また、世界で初めて使い捨て鍼(ディスポーザブル鍼灸鍼)の開発を行なったのは静岡に拠点を置くセイリン株式会社(創立者:鈴木毅)です。

灸術

「お灸を据える」など、イメージのわるい事が多いお灸の原材料はヨモギです。灸の方法には、もぐさを直接皮膚の上に乗せて着火させる直灸と、生姜やニンニク、味噌などを切って皮膚との間をあけて行う間接灸などがあります。間接灸は、熱の緩衝材になるものを入れたりして熱さを和らげます。また、緩衝材になる素材の効果などもあり比較的気持がよいものです。この他にも、箱にお灸を詰める箱灸や鍼の先端に親指ぐらい大きさのもぐさを取り付けて点火する灸頭鍼などもあります。お灸は薬局などで購入でき近年はセルフケアの1つとして人気が高まっています。

小児鍼

乳幼児を対象にして行う施術を総称にて小児鍼と呼びます。小児への鍼灸は古来中国でもありましたが、日本で発達した特殊鍼法です。一般的な皮膚に刺入する鍼とは違い、ヘラや棒状の形のもので軽度に摩擦刺激を与える事が多い施術です。夜泣きや食欲不信、不機嫌などのいわゆる癇の虫などの症状に対して行う事が多くあります。江戸時代より大阪を中心に発達しました。現在も大阪府内には平安時代より一子相伝の小児鍼をつたえる中野のはりがございます。また、最寄りの駅には近鉄電車「針中野」という駅名があります。

鍼灸の効果について

鍼灸の効果をイメージされる場合、肩こり、腰痛、膝痛などの痛みを頭に浮かべる方が多いと思いますが、実際に鍼灸が得意とする疾患は、自律神経やホルモンバランスの調節、血液循環など内科的な疾患です。1997年にアメリカ合衆国 国立衛生研究所(通称:NIH)によると鍼灸療法の病気に対する効果とその科学的根拠を認める見解が発表されています。

アメリカ合衆国 国立衛生研究所(通称:NIH)では、以下の疾患に対して鍼灸の有効性があげられています。

神経系疾患

神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

運動器系疾患

関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

循環器系疾患

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

呼吸器系疾患

気管支炎・喘息・風邪および予防

消化器系疾患

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

代謝内分秘系疾患

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

生殖、泌尿器系疾患

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

婦人科系疾患

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

耳鼻咽喉科系疾患

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

眼科系疾患

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

小児科疾患

小児神経症・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

日本鍼灸大学(仮)では、オリジナル講座、NEWS、セイリンセミナー情報以外にも随時新しいコンテンツを追加予定です。YouTube日本鍼灸大学(仮)チャンネルにて随時発信中です。鍼灸師・鍼灸学生のみなさんをはじめ、中医学・漢方・薬膳・針灸に興味のあるかたドシドシご参加ください。ぜひ楽しみにお待ちください!

SHARE

SNSでシェア