鍼灸師向けキャリアアップ 介護資格の取得方法とは?

鍼灸師向け介護系キャリア

高齢化社会が進む現代、日本では介護の重要性がますます高まっています。鍼灸師が介護資格を取得することで、鍼灸と介護系の専門的な知識と技術を身につけ、介護の現場でより活躍することができます。この記事では、鍼灸師取得後のキャリアアップをめざした介護資格の種類とその取得方法について詳しく紹介します。

介護資格の種類

1. 介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)

介護職員初任者研修は、介護の基礎的な知識と技術を習得するための資格です。介護職に就くための第一歩として、多くの人がこの資格を取得します。

2. 実務者研修

実務者研修は、より専門的な介護技術を習得するための研修です。初任者研修を修了した後に受講することが一般的で、介護福祉士を目指すためのステップとして重要です。

3. 介護福祉士

介護福祉士は、国家資格であり、介護職の中でも高い専門性を持つ資格です。実務者研修の修了が必要で、介護の実務経験も求められます。

4. ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネージャーは、介護サービスを利用する高齢者やその家族に対して、適切な介護プランを作成する専門職です。など、一定の実務経験が必要となります。

介護資格の取得方法

1. 介護職員初任者研修

  • 研修内容:基礎的な介護技術、介護の基本的な考え方、認知症の理解など
  • 受講期間:約130時間
  • 受講方法:介護福祉専門学校や介護事業者が実施する講座を受講
  • 取得方法:全課程を修了し、修了試験に合格する

2. 実務者研修

  • 研修内容:医療的ケア、介護過程の展開、認知症の理解、実践的な介護技術など
  • 受講期間:450時間
  • 受講方法:初任者研修修了後、専門学校や介護事業者が実施する講座を受講
  • 取得方法:全課程を修了し、修了試験に合格する

3. 介護福祉士

  • 必要条件:実務者研修の修了と3年以上の実務経験
  • 試験内容:筆記試験(介護の基礎知識、介護技術、介護福祉の倫理など)
  • 取得方法:介護福祉士国家試験に合格する

4. ケアマネージャー(介護支援専門員)

  • 必要条件:介護福祉士、看護師、社会福祉士、鍼灸師などの特定の国家資格と5年以上の実務経験
  • 試験内容:筆記試験(介護保険制度、ケアマネジメント、介護サービスの理解など)
  • 取得方法:介護支援専門員実務研修受講試験に合格する

※特定の国家資格一覧
医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士含む)、精神保健福祉士のいずれかを保有し、これらの国家資格に基づく

鍼灸師が介護資格取得のメリット

1. キャリアアップ

介護資格を取得することで、キャリアアップの道が開けます。専門的な知識と技術を持つことで、より責任あるポジションや管理職への昇進も可能です。

2. 就職・転職に有利

介護資格を持っていると、就職や転職の際に有利になります。資格があることで、採用側に信頼と安心感を与えることができます。

3. スキルアップ

資格取得を通じて、最新の介護技術や知識を学ぶことができます。これにより、現場での実践力が向上し、より質の高い介護サービスを提供することができます。

鍼灸師の介護系資格取得まとめ

介護資格の取得は、介護職としてのキャリアアップにとって重要なステップです。初任者研修から介護福祉士、ケアマネージャーまで、さまざまな資格があり、それぞれの資格取得には特定の研修や試験が必要です。この記事を参考に、自分に合った介護資格を目指して、専門性を高めていきましょう。

関連:鍼灸師向けキャリアアップにむけて
関連:鍼灸師が電子カルテを使うメリット・デメリット
関連:他職種連携と多職種連携の違い
関連:鍼灸師と助産師の他職種連携は可能か?

鍼灸柔整キャリアラボへのリンク

この記事を書いた人

アバター

日本鍼灸大学

日本鍼灸大学は「世間と鍼灸を学問する」をコンセプトに有志の鍼灸師とセイリン株式会社が立ち上げたWebとYouTubeチャンネルです。普段、世間話と鍼灸学のお話しを井戸端会議的に気軽に楽しめる内容に仕立て日本鍼灸の奥深さを鍼灸学生に向けて提供します。
※当サイトは学校教育法に則った大学施設ではありません。文部科学省の指導の元、名称を使用しています。

2023年より鍼灸柔整キャリアラボを試験的にスタート!鍼灸柔整キャリアラボは『詳細はこちら』ボタンからアクセス。