産後うつ病に効果的なツボ4選

産後うつに活用できる鍼灸ツボ療法を解説

産後うつ(産後うつ病)は、出産後の母親が直面する深刻な問題です。産後のホルモンバランスの変化や育児のストレス、身体的な疲労などが原因で、心身に大きな負担がかかります。鍼灸治療ツボ療法は、産後うつの症状を緩和するために効果的な方法の一つです。産後うつに効果的なツボとその具体的な活用方法について解説します。

関連:産後ケア:母子への包括的サポートガイド
関連:産後うつ:症状原因そして対策
関連:産後の体調回復に効果的なツボ

産後うつとは?

産後うつ病とは、分娩後の数週間、あるいは数カ月間、極度の悲しみを感じたり、普段行っていた活動への興味を喪失したりする状態をいいます。出産後数週間から起こりやすくなり、多くは産後3~6ヵ月以内に発症します。 「気分が落ち込む」「自分を責めてしまう」「食欲がなくなる」「眠れない」などの症状がでなす。うつ病の症状と共通しています。

産後うつに効果的なツボ

1. 百会(ひゃくえ)

百会は、頭のてっぺんに位置するツボで、精神的な緊張を和らげる効果があります。頭痛やめまい、ストレスによる不眠などの症状にも効果的です。

  • 位置: 頭頂部の中心、耳の上端を結んだラインと顔の中心線が交わる点にあります。
  • 刺激方法: 軽く押したり、マッサージしたりすることで効果が得られます。

2. 神門(しんもん)

神門は、心を落ち着かせ、ストレスや不安を軽減する効果があります。産後うつの精神的な症状に対して非常に有効です。

  • 位置: 手首の内側、小指側のしわの終わりにあります。
  • 刺激方法: 軽く押しながら深呼吸を繰り返すと効果的です。

3. 太衝(たいしょう)

太衝は、肝経のツボで、精神的な緊張やストレスを和らげる効果があります。情緒不安定やイライラ感の緩和に役立ちます。

  • 位置: 足の親指と第二指の間、足の甲のくぼんだ部分にあります。
  • 刺激方法: 軽く押しながら、足を上下に動かすと良いです。

4. 三陰交(さんいんこう)

三陰交は、足の内側に位置するツボで、ホルモンバランスを整える効果があります。月経不順や産後の体調不良に対しても効果的です。

  • 位置: 足の内側、足首の上約4指幅のところにあります。
  • 刺激方法: 指圧や軽くマッサージすることで効果が得られます。

ツボの活用方法

これらのツボ(経穴)は、自宅で簡単に刺激することができます。以下の方法を試してみてください。

  1. 指圧: ツボの位置を見つけたら、親指や人差し指で軽く押します。痛みを感じない程度の強さで、ゆっくりと圧をかけます。
  2. マッサージ: ツボを中心に円を描くように優しくマッサージします。これにより、血行が促進され、効果が高まります。
  3. 深呼吸: ツボを刺激する際に、深呼吸を行うことでリラックス効果が増します。
  4. お灸:日本の伝統的な施術方法です。自律神経を調整し緊張状態を緩和させます。
    参考:セイリンの台座灸 ヨモニコ~yomonico~

産後うつに活用できる鍼灸

産後うつに悩む母親にとって、鍼灸治療やツボの活用は非常に有効な方法です。適切なツボを刺激することで、心身のバランスを整え、ストレスや不安を軽減することができます。ぜひ試してみてください。

関連:産後ケア:母子への包括的サポートガイド
関連:産後うつ:症状原因そして対策
関連:産後の体調回復に効果的なツボ
関連:ことわざ「お灸をすえる」とは?意味や使い方

参考アドバイス:産後ケアホテル – BabyMam Kyoto

鍼灸柔整キャリアラボへのリンク

この記事を書いた人

アバター

日本鍼灸大学

日本鍼灸大学は「世間と鍼灸を学問する」をコンセプトに有志の鍼灸師とセイリン株式会社が立ち上げたWebとYouTubeチャンネルです。普段、世間話と鍼灸学のお話しを井戸端会議的に気軽に楽しめる内容に仕立て日本鍼灸の奥深さを鍼灸学生に向けて提供します。
※当サイトは学校教育法に則った大学施設ではありません。文部科学省の指導の元、名称を使用しています。

2023年より鍼灸柔整キャリアラボを試験的にスタート!鍼灸柔整キャリアラボは『詳細はこちら』ボタンからアクセス。