「三陰交」の効果?場所?

三陰交とは?

三陰交(さんいんこう)は、東洋医学における重要な経穴(ツボ)の1つです。足の三陰経(肝・脾・腎)が交わる経穴であり、婦人科系の症状に対する治療で利用されることが多いです。その他にも様々な症状に効果があるとされています。

三陰交の取り方、場所

三陰交は、足の内側に位置します。具体的には、内くるぶしの最も高い部分から指幅4本分上にあります。この場所は、足の太陰脾経、足の厥陰肝経、足の少陰腎経の三つの陰系の経絡が交わる経穴とされ、非常に重要なツボとされています。

三陰交の主な効果

三陰交は、以下のような症状に対して効果があるとされています。

  • 婦人科系の問題: 月経痛、月経不順、更年期障害など
  • 消化器系の不調: 消化不良、腹部の膨満感など
  • 精神的な問題: ストレス、不安、不眠など
  • その他: 足のむくみ、冷え性など
    その他にも、いろんなツボと組み合わせることで相乗効果を生みます。

三陰交の刺激方法

三陰交を刺激する方法には、指圧や鍼、お灸があります。軽く押すことで気血の流れを改善し、様々な症状の緩和に役立ちます。指圧の場合は、親指を使ってゆっくりと円を描くように押すと効果的です。

三陰交の語源

三陰交の名前の由来は、「三つの陰が交わる場所」を意味しています。「三陰」とは、脾経、肝経、腎経の三つの陰経を指します。この三つの経絡が交わる地点であるため、「三陰交」と呼ばれています。このツボは、それぞれの経絡が持つ役割を統合し、全体的な調和をもたらす重要なポイントとされています。

三陰交のまとめ

三陰交は、東洋医学における重要なツボであり、特に婦人科系の問題に対して効果的です。正しい位置と適切な刺激方法を用いることで、多くの健康問題を改善することができます。ご興味がある方は、鍼灸師など専門家の指導のもとで試してください。

関連:鍼灸師と助産師の他職種連携は可能か?
関連:産後の体調回復に効果的なツボ
関連:睡眠の質を高めるツボ4選
関連:生理痛に効果的なツボとお灸
関連:ことわざ「お灸をすえる」とは?意味や使い方

鍼灸柔整キャリアラボへのリンク

この記事を書いた人

アバター

日本鍼灸大学

日本鍼灸大学は「世間と鍼灸を学問する」をコンセプトに有志の鍼灸師とセイリン株式会社が立ち上げたWebとYouTubeチャンネルです。普段、世間話と鍼灸学のお話しを井戸端会議的に気軽に楽しめる内容に仕立て日本鍼灸の奥深さを鍼灸学生に向けて提供します。
※当サイトは学校教育法に則った大学施設ではありません。文部科学省の指導の元、名称を使用しています。

2023年より鍼灸柔整キャリアラボを試験的にスタート!鍼灸柔整キャリアラボは『詳細はこちら』ボタンからアクセス。