眠気に即効性のあるツボ:簡単ツボ押しでシャキッと目覚める

眠気に効果的なツボ4選

仕事中や勉強中に突然襲ってくる眠気。カフェインに頼る前に、鍼灸など東洋医学のツボ押しを試してみませんか?ツボ押しは、即効性があり、手軽に実践できる自然な方法です。今回は、眠気を吹き飛ばす効果的なツボ(経穴)を紹介します。

関連:産後の体調回復に効果的なツボ
関連:睡眠の質を高めるツボ4選

1. 百会(ひゃくえ)

百会は、頭頂部に位置するツボで、気の巡りを良くし、頭をスッキリさせる効果があります。

  • 位置: 頭頂部の中心、両耳を結んだラインの中間にあります。
  • 刺激方法: 両手の中指で頭頂部を軽く押し、円を描くようにマッサージします。これを数分間繰り返します。

2. 合谷(ごうこく)

合谷は、全身のバランスを整える万能のツボで、眠気を覚ます効果も期待できます。

  • 位置: 手の甲側、親指と人差し指の骨が交わる部分にあります。
  • 刺激方法: 反対の手の親指で強めに押しながら、円を描くようにマッサージします。これを数分間繰り返します。

3. 中衝(ちゅうしょう)

中衝は、緊急時に使われるツボで、目の覚める効果があります。

  • 位置: 中指の先端にあります。
  • 刺激方法: 反対の手の親指と人差し指で中指の先端をつまみ、軽く押します。これを数十秒行います。

4. 労宮(ろうきゅう)

労宮は、ストレスを緩和し、集中力を高める効果があります。

  • 位置: 手のひらの中央、拳を握った時に中指と薬指が当たる部分にあります。
  • 刺激方法: 反対の手の親指で強めに押しながら、円を描くようにマッサージします。これを数分間繰り返します。

まとめ

眠気を感じた時には、これらのツボを押してみてください。ツボ押しは即効性があり、簡単にできるので、どこでも手軽に実践できます。カフェインに頼らず、自然な方法でリフレッシュしましょう。

関連:産後の体調回復に効果的なツボ
関連:睡眠の質を高めるツボ4選

日本鍼灸大学セミナーのお知らせ

鍼灸柔整キャリアラボへのリンク

この記事を書いた人

アバター

日本鍼灸大学

日本鍼灸大学は「世間と鍼灸を学問する」をコンセプトに有志の鍼灸師とセイリン株式会社が立ち上げたWebとYouTubeチャンネルです。普段、世間話と鍼灸学のお話しを井戸端会議的に気軽に楽しめる内容に仕立て日本鍼灸の奥深さを鍼灸学生に向けて提供します。
※当サイトは学校教育法に則った大学施設ではありません。文部科学省の指導の元、名称を使用しています。

2023年より鍼灸柔整キャリアラボを試験的にスタート!鍼灸柔整キャリアラボは『詳細はこちら』ボタンからアクセス。