リフレーミングで鍼灸学の視点を変える

リフレーミングとは?

リフレーミング(Reframing)とは、心理学などで用いられる物事や状況を異なる視点や枠組みで捉え直すことで、新しい意味や解釈を見つけ出す手法です。この概念は、認知行動療法やNLP(神経言語プログラミング)などでよく用いられ、特にストレス管理や問題解決に効果的です。

リフレーミングの目的

リフレーミングの主な目的は、ネガティブな出来事や感情をポジティブに捉え直し、より建設的な思考や行動を促すことです。これにより、以下のような効果が期待できます。

  1. ストレス軽減: ネガティブな出来事を新しい視点から見ることで、ストレスが軽減されます。
  2. 問題解決: 異なる角度から問題を捉えることで、新しい解決策が見つかることがあります。
  3. 自己成長: 自分の経験や感情を再評価することで、自己理解が深まり、成長につながります。

リフレーミングの例

ネガティブな状況をポジティブに捉える

  • 例1: 失敗を経験した場合、「自分はダメだ」と考えるのではなく、「これは貴重な学びの機会だ」と捉え直す。
  • 例2: 厳しいフィードバックを受けた時、「自分が否定された」と感じるのではなく、「成長のための重要な指摘を受けた」と理解する。

視点を変えることで新しい意味を見出す

  • 例3: 雨の日を「嫌な日」と思うのではなく、「読書や家でのリラックスタイムを楽しむチャンス」と考える。

リフレーミングの手法

  1. 視点の変更: 物事を第三者の立場や、他の人の視点から捉え直してみる。
  2. 枠組みの変更: 同じ状況を異なる文脈や状況下で考えてみる。
  3. 言葉の置き換え: ネガティブな表現をポジティブな表現に置き換える。

実践のポイント

リフレーミングを日常生活に取り入れるには、意識的に物事を別の視点で見る習慣をつけることが大切です。自分の考え方や感じ方を柔軟にすることで、より多くの可能性や選択肢が見えてきます。

鍼灸をリフレーミングする

鍼灸でよく議論される受療率5%をどう捉えるか?「5%しかない」とネガティブに考える人が散見されます。リフレーミングを用いる事で、「残り95%もあるので、この市場はブルーオーシャンだ。」とポジティブに捉える事ができたら鍼灸師の未来は明るいです。リフレーミングは、物事を新しい視点や枠組みで捉え直すことで、ネガティブな感情や状況をポジティブに変える強力な手法です。この手法を臨床で応用することで、患者さんのストレス管理や問題解決にも役立ちます。また、自己成長に役立つことができます。日常生活の中で意識的にリフレーミングを実践し、より建設的な思考を身につけてください。因みに、日本鍼灸大学のコンセプトの1つにリフレーミングをするというものがあります。

日本鍼灸大学セミナーのお知らせ

鍼灸柔整キャリアラボへのリンク

この記事を書いた人

アバター

日本鍼灸大学

日本鍼灸大学は「世間と鍼灸を学問する」をコンセプトに有志の鍼灸師とセイリン株式会社が立ち上げたWebとYouTubeチャンネルです。普段、世間話と鍼灸学のお話しを井戸端会議的に気軽に楽しめる内容に仕立て日本鍼灸の奥深さを鍼灸学生に向けて提供します。
※当サイトは学校教育法に則った大学施設ではありません。文部科学省の指導の元、名称を使用しています。

2023年より鍼灸柔整キャリアラボを試験的にスタート!鍼灸柔整キャリアラボは『詳細はこちら』ボタンからアクセス。