むくみに効果的なツボ4選

むくみとは?

むくみは、皮下組織内の余分な水分が組織に溜まることで起こり、手足や顔が腫れる不快な症状です。医学的には「浮腫(ふしゅ)」といいます。むくみの原因は、長時間の立ち仕事や座りっぱなし、運動不足などが原因で生じることが多いです。足などを指で圧迫する(押さえる)と、なかなか戻らない状態の時は、正常な時の体重の5~10%以上の水分の貯留があると言われています。むくみを解消するためには、適度な運動やバランスの取れた食事が大切ですが、鍼灸など東洋医学のツボ押しも効果的です。むくみに効くツボを紹介します。

むくみに効くツボ

1. 足三里(あしさんり)

足三里は、消化機能を改善し、むくみを軽減する効果があります。

  • 位置: 膝のお皿の下、外側に指4本分下がったところにあります。
  • 刺激方法: 親指で円を描くようにマッサージします。1日に数回行うと効果的です。

2. 三陰交(さんいんこう)

三陰交は、ホルモンバランスを整え、全身の血流を促進する効果があります。

  • 位置: 足の内側、くるぶしの上約4指幅のところにあります。
  • 刺激方法: 親指でゆっくりと押しながら、深呼吸を行います。1日に数分間行うことで効果が期待できます。

3. 陰陵泉(いんりょうせん)

陰陵泉は、体内の余分な水分を排出し、むくみを解消する効果があります。

  • 位置: 膝の内側、膝下のくぼみから指4本分下がったところにあります。
  • 刺激方法: 親指で軽く押しながら、円を描くようにマッサージします。

4. 水分(すいぶん)

水分は、体内の水分バランスを調整し、むくみを解消する効果があります。

  • 位置: おへその上、指1本分のところにあります。
  • 刺激方法: 両手の指を重ねて軽く押しながら、深呼吸を行います。

むくみが気になったらツボでセルフケア

むくみは日常生活の中で多くの人が経験する不快な症状ですが、ツボ押しを取り入れることで簡単にケアすることができます。足三里、三陰交、陰陵泉、水分といったツボを日常的に刺激することで、むくみの改善が見込めます。ぜひ試してみてください。

関連:産後の体調回復に効果的なツボ
関連:睡眠の質を高めるツボ4選
関連:生理痛に効果的なツボとお灸
関連:お灸をすえるとは?

日本鍼灸大学セミナーのお知らせ

鍼灸柔整キャリアラボへのリンク

この記事を書いた人

アバター

日本鍼灸大学

日本鍼灸大学は「世間と鍼灸を学問する」をコンセプトに有志の鍼灸師とセイリン株式会社が立ち上げたWebとYouTubeチャンネルです。普段、世間話と鍼灸学のお話しを井戸端会議的に気軽に楽しめる内容に仕立て日本鍼灸の奥深さを鍼灸学生に向けて提供します。
※当サイトは学校教育法に則った大学施設ではありません。文部科学省の指導の元、名称を使用しています。

2023年より鍼灸柔整キャリアラボを試験的にスタート!鍼灸柔整キャリアラボは『詳細はこちら』ボタンからアクセス。