つわりに効果的なツボ4穴

つわりの症状

つわりは、多くの妊婦さんが経験する不快な症状です。妊娠初期に起こることが多く、吐き気や嘔吐、食欲不振などが主な症状です。つわりの症状を和らげるためには、いくつかのお灸などでツボを刺激することが効果的です。今回は、つわりに効果的なツボとその刺激方法について紹介します。

つわりに効果的なツボ

1. 内関(ないかん)

内関は、吐き気や嘔吐を和らげる効果があるとされています。

  • 位置: 手首の内側、手首のしわから指3本分上にあり、2本の筋の間にあります。

2. 合谷(ごうこく)

合谷は、全身の調子を整える万能のツボで、つわりにも効果があります。

  • 位置: 手の甲側、親指と人差し指の骨が交わる部分にあります。

3. 足三里(あしさんり)

足三里は、胃腸の調子を整え、吐き気や食欲不振に効果があります。

  • 位置: 膝のお皿の下、外側に指4本分下がったところにあります。

4. 湧泉(ゆうせん)

湧泉は、全身の疲れを取るとともに、つわりの症状を和らげる効果があります。

  • 位置: 足の裏の中央、少し指寄りのくぼみにあります。

ツボ押しのポイント

  • リラックスして行う: ツボ押しを行う際は、深呼吸をしながらリラックスした状態で行うことが大切です。
  • 適度な力加減: ツボを押す力は強すぎず、心地よいと感じる程度の力で行います。
  • 継続が重要: 即効性はありますが、継続して行うことでより効果が期待できます。

お灸のポイント

  • 安全な場所で行う: お灸を行う際は、火の取り扱いに注意し、安全な場所で行うことが重要です。
  • 正しいツボの位置: お灸をするツボの位置を正確に確認し、間違った場所にお灸をしないようにします。
  • 適切な温度管理: お灸を行う際は、熱さを感じる程度にとどめ、火傷を避けるために長時間同じ場所にお灸をしないようにします。
  • 準備と後処理: お灸の準備として、使用するもぐさを適切にセットし、使用後は火が完全に消えていることを確認します。
  • リラックスした環境: お灸を行う際は、リラックスした環境で行い、深呼吸をしながら行うと効果が高まります。
  • 定期的な使用: お灸は即効性がありますが、定期的に続けることでより効果が期待できます。

つわりのまとめ

つわりは妊娠中の辛い症状の1つですが、ツボ押しやお灸を取り入れることでその症状を和らげることができます。内関、合谷、足三里、湧泉などのツボを日常的に刺激することで、つわりの軽減を図りましょう。妊娠中の健康管理には無理をせず、適切な方法を選んで取り入れることが大切です。ぜひ、今回紹介したツボ押しとお灸を試してみてください。

関連:産後の体調回復に効果的なツボ
関連:生理痛に効果的なツボとお灸
関連:お灸をすえるとは?
関連:鍼灸師と助産師の他職種連携は可能か?

鍼灸柔整キャリアラボへのリンク

この記事を書いた人

アバター

日本鍼灸大学

日本鍼灸大学は「世間と鍼灸を学問する」をコンセプトに有志の鍼灸師とセイリン株式会社が立ち上げたWebとYouTubeチャンネルです。普段、世間話と鍼灸学のお話しを井戸端会議的に気軽に楽しめる内容に仕立て日本鍼灸の奥深さを鍼灸学生に向けて提供します。
※当サイトは学校教育法に則った大学施設ではありません。文部科学省の指導の元、名称を使用しています。

2023年より鍼灸柔整キャリアラボを試験的にスタート!鍼灸柔整キャリアラボは『詳細はこちら』ボタンからアクセス。