「陰陽五行論」とは?鍼灸 漢方 東洋医学の基礎知識

はじめに

陰陽五行論は、鍼灸など東洋医学や哲学の基礎となる理論で、宇宙や自然界のすべての現象を陰陽と五行に分けて理解する考え方です。陰陽は相反する性質を持つ二つの要素を表し、五行は木、火、土、金、水の五つの要素を指します。

陰陽論

陰と陽

陰陽論は、すべての物事が陰と陽という相反する二つの要素から成り立っていると考えます。

  • : 静的、冷たい、暗い、内向的などの性質を持つ。
  • : 動的、温かい、明るい、外向的などの性質を持つ。

陰と陽は常にバランスを保ち、相互に依存し、補完し合う関係にあります。

五行論

五つの要素

五行論は、宇宙や自然界のすべての物事が五つの要素(木、火、土、金、水)から成り立っていると考えます。それぞれの要素は特定の性質や関係性を持ち、相互に影響し合います。

  • : 成長と発展を象徴し、春のエネルギーを持つ。
  • : 熱と上昇を象徴し、夏のエネルギーを持つ。
  • : 安定と変化の中心を象徴し、季節の変わり目のエネルギーを持つ。
  • : 収縮と結実を象徴し、秋のエネルギーを持つ。
  • : 潜在と蓄積を象徴し、冬のエネルギーを持つ。

五行の相互関係

五行は相生(そうせい)と相克(そうこく)という二つの関係によって互いに影響し合います。

  • 相生関係: 一つの要素が次の要素を生み出す関係。
    • 木は火を生み、火は土を生み、土は金を生み、金は水を生み、水は木を生む。
  • 相克関係: 一つの要素が別の要素を抑制する関係。
    • 木は土を抑え、土は水を抑え、水は火を抑え、火は金を抑え、金は木を抑える。

陰陽五行論の応用例

東洋医学

陰陽五行論は東洋医学の基礎として、体内のバランスを理解し、健康を維持するために使用されます。例えば、特定の症状がどの要素の不調によるものかを診断し、適切な治療法を選択します。

哲学と風水

陰陽五行論は、東洋哲学や風水の実践にも応用されます。環境や生活空間のエネルギーバランスを調整するために利用されます。

陰陽五行論のまとめ

陰陽五行論は、自然界のあらゆる現象を理解するための理論であり、東洋医学、哲学、風水など多くの分野に応用されています。陰陽のバランスと五行の相互関係を理解することで、健康や生活の質を向上させることができます。

関連:産後の体調回復に効果的なツボ
関連:睡眠の質を高めるツボ4選
関連:生理痛に効果的なツボとお灸
関連:ことわざ「お灸をすえる」とは?意味や使い方

鍼灸柔整キャリアラボへのリンク

この記事を書いた人

アバター

日本鍼灸大学

日本鍼灸大学は「世間と鍼灸を学問する」をコンセプトに有志の鍼灸師とセイリン株式会社が立ち上げたWebとYouTubeチャンネルです。普段、世間話と鍼灸学のお話しを井戸端会議的に気軽に楽しめる内容に仕立て日本鍼灸の奥深さを鍼灸学生に向けて提供します。
※当サイトは学校教育法に則った大学施設ではありません。文部科学省の指導の元、名称を使用しています。

2023年より鍼灸柔整キャリアラボを試験的にスタート!鍼灸柔整キャリアラボは『詳細はこちら』ボタンからアクセス。