深層筋に対するアプローチセミナー

2022年6月26日(日曜日)深層筋に対するアプローチセミナーのチラシ画像

セミナー内容

坐骨神経痛の患者は主要7か国で2700万人とされ、最も鍼灸院にも来院される事が多い疾患の一つです。ブロック注射などを受けても改善しない重度の坐骨神経痛も鍼を用いて深層筋に対して施術を行えば改善が図れます。

小殿筋や梨状筋など深層の筋への刺鍼法や、神経刺鍼などに関するリスクマネジメントについてご紹介します。

腰下肢痛の施術にお悩みの鍼灸師の先生におすすめの内容となっております。

【アーカイブ配信対象セミナーについて】

  • 対象セミナーは、当日開催に参加できなくてもアーカイブのみの視聴が可能です。
  • アーカイブ配信はセミナー開催の4日後にノバセル内で視聴可能となり、1週間は何度も視聴することが可能です。

講師

野崎 真治 先生
のざき鍼灸治療院 代表

1995年国家資格取得後、整形外科等で多数の痛み患者の施術を経験し2004年開院。
トリガーポイント鍼療法を専門に慢性痛の施術を数多く手がけ、海外など遠方からも来院する。トップアスリートやプロスポーツ選手の来院も多く、東京五輪代表選手をヘルニアから救った鍼灸師としてテレビや専門誌でも紹介される。コロナ禍においても安定した治療院経営を行い、経営塾の代表としてその手法を後進にも伝えている。

開催概要

日時

2022年6月26日(日) 13:00~15:00

会場

「Zoom」によるオンラインセミナー

対象

鍼灸師、鍼灸学生

参加費

一般4,000円 / 学生2,000円

定員

制限なし

講師

野崎 真治先生(のざき鍼灸治療院 代表)

お申込み

ノバセル(外部サービス)からお申込みください