M-Test 1dayセミナー

2022年7月3日(日曜日)セイリン主催のM-Test 1dayセミナーのチラシ画像

こんなことが学べる

  • M-Testの概要や治療方法に関して
  • M-Testで対応できる疾患例と使用する経穴
  • 実際の臨床の流れ

セミナー内容

  • M-Testの概要:M-Testとはどのような治療なのか
  • M-Testの基礎:M-Testに必要な動作チェック
  • M-Testの所見の取り方
  • M-Testで対応できる疾患例(上半身の症例解説)と使用する上半身の経穴
  • 実際の臨床の流れ(カウンセリングから評価、施術)
  • 質疑応答
  • 実技動画を交えた講演内容となります。
  • 受講者にはパイオネックスをお手元に10本程ご準備して頂きます。(推奨サイズ0.3もしくは0.6)。

M-Test(経絡テスト)とは?

M-Testは向野義人医学博士によって考案された診断・治療のための技術です。この技術は残念なことに日本ではあまり知られていませんが、海外ではすでに複数の国で医療現場に活用されている非常に有名な治療法です。
身体の動きを評価するこの方法では、急性期の痛み、慢性痛だけでなくめまいや自律神経系の不調にも効果が期待されています。M-Testの基本動作は誰でも簡単に行える動きからなり、動きに伴う症状は患者さんと術者双方が容易に理解し合える共通言語となります。動きに伴う症状を分析することでどこに問題があってどのように修復すればよいか、そのためにどのような治療を必要とするかを判断できる方法が、M-Testです。

講師

向野 義人 先生
ケア・ワークモデル研究会(現:M-Test研究会)会長
医学博士

1971年九州大学医学部卒業。
1977年医学博士。
1981年福岡大学病院第2内科講師。
1989年福岡大学体育学部(現、スポーツ科学部)教授。
1990年福岡大学大学院体育学研究科教授(現、スポーツ健康科学研究科)。
2006年福岡大学病院東洋医学診療部初代部長併任。
2017年福岡大学名誉教授 2017年医療法人親愛顧問 2019年同退職。
1979年上海中医学院3か月、1990年独ゲッティンゲン大学病態生理学へ1年間、2002年英国エクセター大学ペニンシュラ医学校代替医療研究所へ1年間留学。
2006年ケア・ワークモデル研究会(現:M-Test研究会)会長。著書多数。


小野 修司 先生
株式会社ハリサーチ代表取締役
鍼灸院おるき院長 鍼灸師

鍼灸の免許を取得後、福岡大学大学院に進学。大学院で研究を行う傍ら、市中の病院や福大病院での勤務やトレーナー活動などで経験と実績を積み上げた。2017年に鍼灸院おるきを開院。
2020年に治療家をサポートするプラットフォーム『代替医療ネット』を立ち上げ、賠償保険、ビジネスサポート、学びのコンテンツを提供している。

開催概要

主題

M-Test 1dayセミナー

内容

動きの負荷から診る治療法と円皮鍼の活用法

日時

2022年7月3日(日)   13:00~16:00

会場

「Zoom」によるオンラインセミナー

対象

鍼灸師、鍼灸学生

参加費

一般 3,000円 / 学生 2,000円

定員

制限なし

講師

向野 義人 / 小野 修司

お申込み

ノバセル(外部サービス)からお申込みください